Artisulから新製品の液タブ「Artisul SP1603」が登場

台湾のブランドArtisulから、新製品の液タブ「Artisul SP1603」が登場しました。

最新の液タブの性能がすべて備わっている一方、価格は4万円台前半と安く、コスパの高いタブレットと言って良いでしょう。

セミプロ絵描き
セミプロ絵描き
コスパ重視の人におすすめです。

そこで、セミプロ絵描きの視点から、このArtisul SP1603を紹介します。

Artisul SP1603の概要


Artisul SP1603 液晶タブ SF感溢れる超薄型液晶ペンタブレット フルラミネーション 充電不要ペン リングホイール 傾き検出&筆圧検知8192レベル Android・Mac・Windowsに対応 液タブ 15.6インチ ペン芯30本&スタンド付き

価格 約43,999円
サイズ15.6インチ
画面解像度1920×1080
筆圧レベル8192
色域90% NTSC
128%sRGB
傾き検知±60度
フルラミネーション
スタンド
アンチグレアフィルム
重量約1.3kg
厚み9mm

Artisul SP1603の良い点

フルラミネーション

フルラミネーション加工が施されているため、視差が最小限に抑えられ、ペン先と実線の位置の誤差が少なく、思ったとおりの位置に線を引けます。

板タブとしても使える

モードを変えることで、板タブ(ペンタブ)としても使用できます。

液タブで描くのに疲れたり、飽きたりしたときは、板タブで描くことができます。

一台で液タブと板タブ両方使えるので、一石二鳥でお得です。

色域率が広い

色域率は、90%NTSCとかなり広い数値です。

沈み込みほぼなし&精度向上

付属のスタイラスペン「P77」は、最新技術で生まれた第3世代のペンです。

ペン先の沈み込みがほぼなく、安定した描き心地を実現しています。

また、替え芯が30本ついてきます。

セミプロ絵描き
セミプロ絵描き
替え芯が多いのは地味にうれしいですね

14個のショートカットキー

ショートカットキーが全部で14個あり、組み合わせることでより作業効率を上げることができます。

デザインがユニーク

近未来感あふれる物理式のホイールが搭載されており、ユニークでかっこいいです。

スタンド付き

4段階に調整可能な折り畳み式スタンドが付いています。

スタンドを別に買う必要がありません。

アンチグレアフィルム

液晶には、アンチグレアフィルムがあらかじめ張りつけてあります。

これにより、指紋や汚れがつきにくく、光の映り込みが抑えられ、画面をしっかりと保護できます。

また、剥がせるタイプのため、張り替えも可能です。

Android対応

Androidにも対応しているので、スマホにつなげて絵を描くことができます。

Artisul SP1603の気になる点

ペンの性能がわかりにくい

付属のスタイラスペンについて、具体的な数値があげられていないので、どの程度向上しているのかはわかりにくいです。

たとえば、XP-PENでは、タブレットに搭載されたスマートチップについて、具体的な数値を出しています。

D16Proとの比較

Artisulが既に販売している、15.6インチの別モデル「D16Pro」と比較してみました。

D16Proの詳細のレビューもあります。

D16ProSP1603
価格約39,999円 約43,999円
サイズ15.6インチ15.6インチ
画面解像度1920×10801920×1080
筆圧レベル81928192
色域88%NTSC
120%sRGB
90%A/dobe
90% NTSC
128%sRGB
傾き検知±60度±60度
フルラミネーション
スタンド
アンチグレアフィルム
Andrdoid対応×
ショートカットキー714
重量約1.3kg約1.3kg
厚み-9mm

これを見ると、D16Proもかなり性能の高いタブレットだということがわかります。

ただし、Artisul SP1603は、デザイン性や、Android対応、ショートカットキーの多さ、色域率の広さ、最新のペンという点で優れていることがわかります。

まとめ

フルラミネーション加工や板タブモードの搭載、アンチグレアフィルムなど、最新の液タブの性能がすべて備わっているタブレットです。

一方で、価格は4万円台前半と安く、コスパの高いタブレットと言って良いでしょう。

また、ユニークなデザインも特徴です。

正直欠点がほとんど見つからないタブレットです。

タイトルとURLをコピーしました