Androidタブでイラストを描きたいなら「Samsung Galaxy Tab A 8.0 (2019) 」がおすすめ

Androidタブでお絵かきしたい人は、「Samsung サムスン Galaxy Tab A 8.0」がおすすめです。

4,096段階筆圧の高性能のSペンつきで、ペンは本体に収納できて充電の必要はありません。手軽に持ち歩け、外出先でスケッチやメモなど気軽にお絵かきができます。

価格も34,900円とお手頃です。

Samsung Galaxy Tab A 8.0 (2019)のスペック

価格 約34,900円
サイズ8インチ
筆圧レベル4,096
メモリ3 GB
ハードディスク32 GB
OSAndroid
重量331 g

Samsung Galaxy Tab A 8.0 (2019)の良い点

4,096段階筆圧の高性能Sペン付き

充電なしで使える高性能Sペンが付属するのが最大の特徴です。

外出先でも手軽に絵を描くことができ、本体に収納できます。筆圧も4,096段階と、本格的なペンタブの性能を持っています。

リュックやバッグに入るちょうどよい大きさ

サイズは8インチと少し小さめですが、大きすぎもなく小さすぎもなく、持ち歩くにはちょうど良い大きさです。横にすれば、大画面で動画や映画が見られます。

また、331gと非常に軽いです。

画面がきれい

解像度は283ppiで、2017年のものよりも解像度が高いです。そのため、画面がクリアできれいに見られます。

メモリが増加

メモリは3GBですが、2017年のものは2GBだったので、以前より増えています。

サクサク動く

フリーズしたり、遅延が起きにくいのも特徴です。

十分なバッテリー

バッテリー4200mAhで、十分なバッテリー容量です。

Samsung Galaxy Tab A 8.0 (2019)の悪い点

ステレオではない

音はステレオではありません。ただし、Dolby Atmos Soundを採用しているので、音の質は悪くはありません。

まとめ

高性能のSペンが付属し、8インチと小さめのサイズで持ち歩きが便利なので、外で絵を描くには最高のタブレットです。

画面もきれいで、サクサク動くのもメリットです。

ほぼ同じサイズのiPad、iPadmini、Fireと比べても群を抜いていると思います。

Amazonで購入可能

現在日本では未発売ですが、Amazonなどで購入できます。

タイトルとURLをコピーしました